« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

110731_08

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』を観た。
一流企業の第一線で働く主人公の筒井肇(中井貴一)が、母親が倒れたことと親友の死によって自分の人生を見直し、子どもの頃の夢だった「一畑電車」の運転士になることを決意した。

人生半ばを越えて、家族の大切さと人生への後悔に気づき、夢に向かって自分を変える決心をした筒井。その想いとそれを支える家族、電車の乗客に対する思いやりの心などを感じられる作品。

第2作として 2011年12月に公開予定の作品には三浦友和が運転士として登場する。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
監督 錦織良成
出演 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、遠藤憲一、他
2010年日本、131分

radiko.jp

110731_06_2

インターネットでラジオが聴ける「radiko.jp」は便利。
1秒ほどの遅延はあるけどほぼリアルタイム。
自宅のラジオがいらなくなるね。
「あ、安部礼司」もよく聞こえる。

radiko サービスが急整備されたのは東日本大震災の影響かな。
キャリアを越えた携帯電話のショートメッセージサービスもいつのまにか7月13日から開始された。
ハイチの大震災の時に大活躍した SNS が東日本大震災で使えなかったのを問題視された結果。

radiko.jp
http://radiko.jp/

ソルト & レモン

110731_07

『アイコンチキン ソルト & レモン』をテイクアウト。
マクドのチキンシリーズの中で、ほどよいスパイスとレモン風味でいちばん旨いと思う。

8/12(金)からは 1年3ヶ月ぶりに「チキンタツタ」復活。これだけ何度も復活させててもレギュラーメニューにはしないという。
「チキンタツタ」より「マックチキン」の復活を切望する。

日本マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/

僕にできること。

110731_05

AKB48 が献血キャンペーンに参加。
ポスターがなくならないのが不思議でならない。
それほど人気はないのかな。

京都 : コロン

110731_04

京都の最旬をすぐ知りたい、すぐ使いたい。
フリーペーパー『京都 : コロン』が新創刊。

次号は9月20日(火)発行で、パン屋さん特集だけに見逃せない。
10月号以降は毎月発行。

京都 : コロン
http://www.kyoto-colon.com/

献血

110731_02

献血ルームへやってきた。
快適な無料カフェは自宅でくつろいでる気分になれる。

110731_03

ヘモグロビン濃度が 11.6g/dLと 20g/dLを下回ってて成分献血すらできず。
久しぶりのお断り。それでも粗品をいただいてアイスコーヒーを楽しむ。
そして『Leaf』を読みながら 2時間ほっこり。

献血ルーム京都駅前
京都市下京区烏丸通七条下ル 京阪京都ビル6F
0120-569-356
10:00-17:45(不定休)
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

寝不足

110731_01

ミッドナイト明けのテニス、コーチ陣はふらふら。
睡眠時間は2時間程度で1日びっしりテニス。

伊藤園のギフト

110730_03

世界で初めて烏龍茶を缶飲料にしたのが伊藤園。
ペットボトルも伊藤園。

伊藤園
http://www.itoen.co.jp/

最終電車に乗って

110730_02

いつものと違う場所から電車に乗る。寄り道があるから。

ゲリラ雨

110730_01

昼間なのに真っ暗になってきたと思ったらゲリラのような豪雨。
30分ほどしたらまたカラッと晴れた青空に変わった。
お昼の夕立だったらしい。

「TACPO」

110729_20

MKタクシーに乗ったら「TACPO」を手渡された。
「TACPO」はMKのお財布カード。
タクシーだけではなくて、MKボウルや中華そばの「心心亭」、ガソリンスタンドでポイントがたまる。
現金チャージして使用することもできる。
京都、滋賀、札幌、名古屋で使える「TACPO」。
WEB会員登録で100ptゲット。
久しぶりにMKの\500-食堂に行ってみるかな。

MK株式会社
http://www.mk-group.co.jp/

『松喜屋』

110729_01

『松喜屋』にやってきた。
明治初期に「近江牛」の名を広めた老舗。
滋賀県では知らない人がいない近江牛の専門店。

110729_02

席が満席になる恐れがあるので予約して欲しいとのことだったけど、3階の広間はがらがらでお客さんは他に1組。
2階のカウンターも雰囲気がよかったけどお客さんは2組。このお店が満席になることなんて想像できない。いろんな意味で。

110729_03

個室はサービス料 10%取られるらしい。広間でもお客さんがいないと個室みたいなもの。

110729_04

お薦めは、今放映中の大河ドラマ「江」にちなんで「お江ランチ」だという。
1日20食限定っていうけど、もっと準備してると思う。

110729_05

お品書き。日本人は「限定」という言葉に弱い。

110729_06

近江牛のたたき、しぐれ煮、味噌煮、鴨の和風煮。
一気に出さなくてもいいのになぁ…。

110729_07

近江牛のたたき

このご時世、生肉を提供しているということはかなりの自信があるんだろうなぁ。
泡醤油がとてもおいしかった。

110729_08

味噌煮

タタキのように見えるけど、とてもおいしいそうな味噌煮。

110729_09

近江牛のしぐれ煮

白米が食べたくなるしぐれ煮。
まるで声を聞いてたかのようにスタッフさんがごはんとお味噌汁を持ってきてくれた。
なかなかサービスがいいお店。

110729_10

鴨の和風煮

なぜか鴨の和風煮。近江牛専門店ではないのかなぁ。


110729_11

近江牛の冷しゃぶ

初めて食べた近江牛の冷しゃぶはとってもおいしかった。

110729_12

近江地鶏の茶わん蒸し

近江牛だけではなくて近江地鶏も有名なのかなぁ。
一度ゆっくりと堪能したい。

110729_13

そしてメインは近江牛のヒレ。
この赤身はそのままでも食べれそうなくらい鮮度が高そう。
近江八幡の赤こんにゃくが添えられてる。

110729_14

食事の進み具合なんて検討したこともないようなそぶりで料理が一斉に揃う。
テーブルの上がいっぱいですけど…。

110729_15

柔らかくて舌の上でとろけそうな美味しさ。
いや、その違いはわからない…。

110729_16

締めのデザートは、桃のシャーベット、ムース、さくらんぼ。
さらにコーヒーまたは紅茶が付く。
御飯とお味噌汁はお代わり自由。

110729_17

期待通りの味がする「桃のシャーベット」。

110729_18

ふわふわのムースが舌の上でとろけるようになくなっていく。これは旨い。

110729_19

最後にさくらんぼ。今年初だったけど、なかなかおいしかった。

「近江牛」と言われても本当かどうかわからない。\5,800- 出して訪れる価値があるお店かどうかは判断できない。
普段おいしいものを食べてるわけではなく、上質なものの味がわからないだけかもしれないけど…。
ランチコースならもう少し安くしてくれてもいいのになぁ。「レディースコース \2,800-」というお得なランチコースがある。
でも、ようやく入店できて満足。老舗だけあって対応はとてもよかった。
次はカウンターに座りたい。

6月23日に麩屋町四条西入ル北側の「SAKIZO PLAZAビル」 2階に 2店舗目の京都四条店がオープンした。
ステーキ割烹 \6,300-から。

れすとらん 松喜屋
滋賀県大津市唐橋町14-17
077-534-1211
11:30-14:00、17:30-20:30(年中無休)
http://www.matsukiya.net/

『永田町、あのときの話』

110728_02

浜田幸一著の『永田町、あのときの話』を読んだ。
貧困時代からヤクザ時代、そして町会議員から県会議員、国会議員になった経緯。
議員になった強い信念からラスベガスでの賭博事件の真実。
もちろん、政界での裏話の数々と、政界に興味を持つようになる一冊。
歴代の総理についての秘話もある。

とてもおもしろい一冊。

永田町、あのときの話
浜田幸一
講談社+α文庫

夜のお菓子、うなぎパイ

110728_01

夜のお菓子、うなぎパイ。
「ナッツ入り」は気持ちナッツの香りが漂う。
うなぎパイ生誕 50周年、春華堂の次のヒット商品は何だろう。

春華堂
http://www.shunkado.co.jp/

電車遅延

110727_06

貨物列車が目の前に停まってる。
また人身事故でもあってダイヤが乱れてるのかなぁ。
ダイヤが乱れると、まず1番に貨物列車が停められる。

キーボード交換

110727_01

「lenobo X61」のキーボード交換。
ひっくり返してキーボードマークのある4本のプラスねじを回す。

110727_02

手前にマイナスドライバーを入れて少し浮かすとキーボードが外れる。
メンテナンスしやすいのは商品の魅力のひとつ。

110727_03

キーボードを持ち上げると、FPC配線のコネクタがひとつ。
これを少し力を入れて持ち上げるとコネクタが外れる。

110727_04

この機会に歯ブラシで内部を清掃。
どうしても埃がたまってしまう。

110727_05

交換時間わずか2分。奥側からキーボードをはめ込むとうまくいく。

lenobo
http://www.lenovo.com/jp/ja/

ぽろり

110726_02

スペースキーが浮き気味だった X61、ついにセンタークリックボタンと共にスペースキーが外れた…。

110726_03

新しいキーボードを探して翌日には手元に届く。
便利な世の中になったなぁ。

人身事故

110726_01

JR神戸線の塚本駅で発生した人身事故の影響で22時過ぎても琵琶湖線の電車は25分遅れ。迷惑極まりない。

『凧たこあがれ』

110725_43

浜松の「三ヶ日みかん」が入った『凧たこあがれ』をお土産に購入。

110725_44

「カステララスク」とあるけど、カステラとラスクは別物では?

110725_45

ラスクとしたら割高かなぁ。
失敗した?

110725_46

みかんの香りが微かに漂うラスク。
このこだわりを理解してくれる人がいるかどうかは疑問。

凧たこあがれ
http://takotako.jp/

『あげ潮』

110725_41

「1人5個まで」と言われて5個買ってしまった「まるたや」の『あげ潮』。
1個は味見として食べてしまった。
それほどおいしいものではない。

110725_42

さて、この配分先はどうするかなぁ。

京都駅

110725_40

ようやく帰ってきた京都。
さすがに蒸し暑さを感じる。

ダークチップモカフラペチーノ

110725_38

テイクアウトしたベンティサイズの「ダークモカチップフラペチーノ」。
カスタマイズは、ソイミルク(豆乳)、ヘーゼルナッツシロップ追加、エスプレッソショット2ショット追加、コーヒー濃いめ、モカソース。
コーヒー 1杯 \820-の代物。

110725_39

この毒々しさは少しやりすぎ?

最悪の新幹線

110725_35

今回も指定席車両へ向かう。
隣人に恵まれますように。

110725_36

30分発のこだまで帰ってもいいけど、あいにく名古屋行き。
乗り換えはでるだけしたくない。

110725_37

最低のイタリア人カップル。ファーストクラスかっていうくらい倒したシートにふんぞり返る男性。
そしてだだをこねるように女性に甘える。日本人ではありえない。

そしてふたつ前のシートに座る最低な関西人女性と子ども。
騒ぎ立てる子どもを放置プレイ。イタリア人カップルは我慢の限界に達してた模様。
誰かが刺し殺しはしないかと心配になるほどだったなぁ。

いつも新幹線には恵まれない。

スタバ 浜松イズム店

110725_32

浜松駅新幹線コンコース内にある待合所にはスタバがある。
いつも見かけるそっくりさん。本当に似てるなぁ。

110725_33

浜松最後の今日、餃子の後口をすっきりさせるべくフラペチーノをオーダー。

110725_34

フルカスタマイズで 5分待ち。
嫌な顔ひとつせずオーダーに答えてくれるスタバのスタッフは素敵。

スターバックスコーヒージャパン 浜松イズム店
静岡県浜松市中区鍛冶町140 イズム・ハママツ
053-413-5070
7:00-21:00(年中無休)
http://www.starbucks.co.jp/

遠鉄百貨店

110725_30

浜松を牛耳る遠鉄グループの百貨店、「遠鉄百貨店」へやってきた。
トイレがとても綺麗。

110725_31

地下1階の「まるたや」をのぞいてみる。
「あげ潮」はもちろん売り切れ。
テレビの影響は大きい。

遠鉄百貨店
http://www.endepa.com/

東海道

110725_29

国道152号線は東海道にあたる。
東京日本橋から京都三条大橋まで続く道。

浜松公園

110725_28

浜松合同庁舎や土木事務所、静岡地方裁判所の他にヤマダ電機が並ぶ少し開けた公園。
どこかに「浜松公園」という案内があったと思うけど、地図には載ってない。見間違いかなぁ。

ルシェル & ガーデン

110725_27

お洒落な教会はアートグレイスかと思ったら「ルシェル & ガーデン」というハウスウェディングホール。
浜松は駅前にホテルだけでなくウェディング会場も多い。

静岡文化芸術大学

110725_26

浜松駅へ向かう途中、お洒落な建物を横目に歩く。
「静岡文化芸術大学」という。芸大で学んだ学生たちはどこへ行くのだろう。

静岡文化芸術大学
静岡県浜松市中区中央 2-1-1
053-457-6111
http://www.suac.ac.jp/

『餃子の店 福みつ』

110725_16

浜松で一番旨いといわれてる『餃子の店 福みつ』へやってきた。

遠州鉄道の八幡駅からまっすぐ東へ徒歩15分の距離。でも、徒歩でやって来る人はほとんどいないと思われる。
駐車場は30台以上確保されていて広い。

110725_17

すぐに長い行列ができるほどの人気店とのことだけど、まだ早い時刻とあって空席があった。

110725_18

スタッフは多く活気もある。
活気があるお店はそれだけでおいしそうに感じる。

110725_19

年々値上げされてる餃子は、単品 10ヶ \540-、15ヶ \810-、20ヶ \ 1,080-。
定食は餃子 10ヶの小が \860-、15ヶの中が \1,130-、20ヶの大が \1,400-。
定食代は \320-ということか。

110725_20

4人掛け椅子のテーブル席と、6人掛けソファーテーブル席のみ。
おひとりさまには向かないお店。

110725_21

オーソドックスに醤油と酢で食べるスタイル。
ラー油は既製品ではなく自家製みたい。餃子の基本。

110725_22

小定食 \860-

餃子 10ヶの「小定食」で十分なボリューム。
他のお客さんはそれぞれ小定食を頼んでさらに追加で単品 20ヶが多かった。

110725_23

浜松では初めて出会う揚げ餃子。
これが『福みつ』の特徴でもある。

110725_24

具はシンプルなキャベツと豚ミンチかなぁ。
何もつけないと薄味でほとんど味がしない。
これがクセになる秘密?

110725_25

お皿にもこだわりがあるみたい。
おいしかったけど、クセになるというものではなかった。

「王将」の餃子が恋しくなってきた…。
浜松で最後の餃子は満足度40%。

餃子の店 福みつ
静岡県浜松市中区佐藤1-25-8
053-461-6501
11:00-22:00(水曜休み)

浜松市街散策

110725_12

遠州鉄道を八幡駅で下車、浜松市街を散策する。

110725_13

神社の北側を歩く。緑があると少し涼しく感じる。気のせいかな。

110725_14

真正面に「アクトタワー」を望む。しばし浜松市街を散策。
栄えてるのは浜松駅前だけらしい。

110725_15

住宅街を東に向かって歩くと目的地の看板が見えてくる。
「福みつ」、浜松最後の餃子。

最終日

110725_11

浜松最終日。もう小松駅、いや遠州鉄道に乗る機会なんてないんだろうなぁ。
そう思うと最後の乗車も感慨深い。

『あげ潮』

110725_08

5月22日に放送された「シルシルミシルさんデー」で紹介されて生産が追いつかなくなるほどの人気商品となった「まるたや」の『あげ潮』をゲットした。朝一番の 8時にオープンする「メイワン エキマチウエスト」に入ると30袋ほどの50gの『あげ潮』が積んであって、迷わず購入した。180g、200gの方が残るという。割高だから?1人5袋までの販売制限あり。

110725_09

バターを使用せず、純正の植物油で仕上げた生地に、オレンジ、レーズン、クルミを混ぜ合わせ、コーンフレークの食感を損なわないよう職人の手で優しく仕上げるというこだわり。50g入りで \252-という破格の価格設定。
『チーズBOX』もそうだけど、「まるたや」の商品はおいしいけど高い。高くておいしいのは当たり前。

110725_10

このクッキーのどこに人気の秘訣があるのだろう。
どこにでもある普通のクッキー。これで \252-は、ネタ以外では買う気になれないなぁ。

有限会社まるたや洋菓子店
静岡県浜松市中区森田町130
053-441-9456
9:20-17:30(年中無休)
http://www.marutaya.net/

ツバメの成長

110725_05

遠州小松駅にやってきた。
もう慣れたもの。

110725_06

喫茶店「FOR YOU」の軒先に注目。
毎朝の日課。

110725_07

もう完全に大人になったツバメの雛。4羽とも立派に成長した。
それでも大きな口を開けて親鳥の餌を待つ。

新幹線に乗って

110725_01

今週も700系ひかりで通勤。

110725_02

ばちばちばちとガラスに当たる雨の音でシェードを上げると外は大雨。
関ヶ原は雨が多い地域。

110725_03

名古屋に近づくと雨は上がってた。

110725_04

浜松到着。今週も浜松での1週間が始まる。

アナログ放送終了

110724_07

ついにアナログ放送が終了した。デジタル放送への移行が決まって5年近く、あまりに早かったなぁ。
テレビが映らなくなってから慌てて問い合わせ殺到。事件が起きてから重い腰を上げるのは日本の警察だけではない。

瀬田にて

110724_06

瀬田駅にやってきた。石山駅に慣れると新快速が停まらないことが不思議に感じる。時刻表必須。

マクドでDQP

110724_03

マクド石山駅前店にやってきた。
久しぶりなのに、最悪なことに対応の悪い男性スタッフに当たった…。
このスタッフ、いつまでここにいるんだろう。クビにならないのが不思議。

110724_04

ドリンクは、アイスキャラメルラテのMサイズをオーダー。
プレミアムローストコーヒーのLサイズをアイスでお願いしたら、マックカフェの導入でLサイズはなくなったという。
いつから?全然知らなかった…。最悪の男性店員だけに、この店員が間違ってると思ったほど。

110724_05

やっぱり石山駅前店のDQPはジューシーでレベルが高い。
また姫路駅店にも行きたいなぁ。

マクドナルド 石山駅前店
滋賀県大津市粟津町9-1
077-533-0885
24時間営業(年中無休)
http://www.mcdonalds.co.jp/

散歩

110724_02

散歩するのにいい気候。
朝夕が涼しいと過ごしやすい。

『阿闍梨餅』

110724_01

ポルタの「京名菓」でお土産に「満月」の『阿闍梨餅』を購入した。
あれれ、25個買っても1つも和菓子を付けてくれなかった…。
和菓子屋さんといえばたとえ5個でも付けてくれるのになぁ。
天狗になってるのか?

ポルタではもう買うのやめよう。

25個入りのずしっとした重さに驚いた。
持っていくのが億劫になるほど。

満月
京都市左京区毬小路通り今出川上ル
075-791-4121
http://www.ajyarimochi.com/

新緑の初夏

110723_01

一週間ぶりのモンステラは、新たな葉が3つも開きかけてた。
そしてまた新たに2枚の葉が今にも開こうとしてる。
元気がなかったことが嘘のよう。

110723_02

派手に剪定したカポックも元気に小さな命が芽生えてた。
夏に向けて緑もいちばんの成長期。

『紅ほっぺ チョコサンド』

110722_08

浜松のお土産として『紅ほっぺ チョコサンド』を買った。
どちらかというと、浜松というより静岡のお土産。

「紅ほっぺ」は静岡のいちごだったのか…。
「ホテルグランヴィア京都」のスイーツバイキング以来熊本産のいちごと思ってた。

110722_09

24個入りというのは配布用に嬉しい。

110722_10

「味見」として 3本も食べてしまった…。
よくあるチョコサンドに仄かなイチゴの香りがただよう。

紅ほっぺ チョコサンド
株式会社敷島屋
静岡県浜松市西区舘山寺町2792-1
053-487-5500
http://www.shikishimaya.com/

最終の「ひかり」

110722_06

最終の「ひかり」を待つ。
自由席が混雑してたので指定席へ。

110722_07

あまりのまぶしさと隣人のスパニッシュが騒々しくて全く眠れず…。
いつも新幹線の隣人には恵まれない。

牛鍋丼

110722_02

最終の新幹線まで50分あまり、『吉野家』で時間をつぶすことにした。

110722_03

金曜の夜だから?今までで一番混雑してた。
最低なおっさんがやってきて気分最悪。

110722_04

牛肉たっぷりの「牛鍋丼」。
これだけたくさん牛肉がのってたら牛丼と間違うほど。

110722_05

お決まりの紅ショウガと七味で彩り鮮やかに。

来週7/26(火)午前10時から牛丼並盛りが \380-から \110-引きの \270-で提供される。
8/2(火)午後3時までの夏の牛丼祭。
久しぶりに牛丼を食べたいな。

吉野家 浜松駅店
静岡県浜松市中区砂山町322-4
053-450-1525
24時間営業(年中無休)
http://www.yoshinoya.com/

肌寒い朝

110722_01

4月上旬かと思うほど肌寒い朝を迎えた。
こんな毎朝なら過ごしやすい。

黒糖かりんとう

110721_36

餃子のお口直しにかんりとう。
ホテル 1階にある「サンクス」で購入。ホテル直結のコンビニがあるのは便利。

110721_37

かりんとうなんて久しぶりに食べた。
この甘さが餃子の後口にたまらない。

地下道

110721_35

浜松駅前の地下道を歩く。
深夜の地下道を女性が 1人で歩く。
平和な国、日本。外国では考えられない。

『アクトタワー』

110721_34

『アクトタワー』の下までやってきた。真下から見ると見上げるほど高い。
まるで「天空の城ラピュタ」のよう。

最終日こそ、「オークラアクトシティホテル浜松」へ泊まりたい。

アクトタワー
http://www.act-tower.co.jp/

『アルコラッジョ マリエール』

110721_33

ホテルまでの散策途中見つけたいい雰囲気の建物。
ゲストハウスタイプのウェディング会場らしい。
とてもいい雰囲気。

撮影してたら向かってきた警察官から不審者扱い…。いつものこと。

アルコラッジョ マリエール
静岡県浜松市中区中央3-11-11
平日 11:00-20:00、土日祝 10:00-20:00(水曜休み)
http://www.arcoraggio.jp/

さわやか

110721_32

げんこつハンバーグだけでなく、コインランドリーにも「さわやか」というお店を発見した。
後で調べてみたら、「さわやか」というコインランドリーは全国にたくさんあるらしい。

『向宿餃子』

110721_04

『向宿餃子』へやってきた。
浜松で餃子を満足するまで食べたいと思って見つけたお店。
\1,000-で餃子食べ放題、時間制限なし。
常に行列ができるお店らしいので期待が高まる。

110721_05

餃子 12個とごはん、味噌汁が付いて \500-の「満腹ランチ」というのがあるという。これも安くてお得。

110721_06

浜松駅南口から早足で徒歩25分、なんとか19時30分に入店。
あれ…、お客さんはゼロ。今日は土用の丑の日だから?
いつものように営業してないのかと思ったほど。
台風の吹き返しの風が強い影響もあるのかな。

110721_07

座敷ももちろん無人。9月26日にオープンして 10ヶ月。
行列ができる店だったらしいけど、早くも陰りが見えてるのかなぁ。

110721_08

遠慮してカウンターに座る。

110721_09

メニューは「餃子定食」のみ。\1,000-。
1人前は 8個で、普通の白餃子と唐辛子の効いたピリ辛の赤餃子がある。
オーダーは最大 2皿ずつで、食べ終わってからしか追加オーダーはできないシステム。
5個以上残すと \1,000-の罰金を取られるという。

110721_10

お醤油と酢を混ぜて使うタイプ。
そこにこだわりはないらしい。

110721_11

ドリンクを聞かれたけど、がっつり食べる時は水すらいらない。
キンキンに冷えた水はとてもおいしかった。

飲んでるし…。

110721_12

サイドメニューとして、ホルモンやソーセージ、唐揚げなどかあるという。全く惹かれない。

110721_13

お姉様 1人でお店を切り盛りしてるらしい。
長い待ち時間は、カウンターに置いてあった本、「静岡B級グルメ」に目を通す。

110721_14

大きく『向宿餃子』が紹介されてた。そのほかにも、「石松餃子」、「福みつ」、「喜慕里」、「むつぎく」などの有名店が載ってた。
好みは人それぞれ、どのお店が 1番とは決めがたい。

110721_15

15分が経過してようやく餃子が運ばれてきた。赤餃子、白餃子それぞれ1人前ずつ。
これにごはんとお味噌汁がつく。ごはんとお味噌汁はお代わり有料でそれぞれ \150-、\100-。

110721_16

王将並の大きな餃子が 8個。ピリ辛という赤餃子はピンク色。焼きたてのアツアツ。

110721_17

唐辛子が練り込まれている皮と、具にも唐辛子とラー油が入ってる。
このピリ辛はクセになりそうな味。

110721_18

オーソドックスな白餃子はしっかりとニンニクが効いていて旨い。
ただ、ピリ辛の赤餃子を食べた後はパンチに欠ける。

110721_19

待ち時間15分、食べるの 5分。どこかのスフレ屋さんに似てる。
再びひたすら「静岡B級グルメ」に目を通す。
たくあんの入ったお好み焼き、「遠州焼き」も食べてみたい。

110721_20

またしても15分待ってから餃子が運ばれてくる。
お店の奥で餃子を焼くおいしそうな音が聞こえてくるのはいいね。

食べさしになってしまった…。
これで 4人前完食。

110721_21

どんどん追加で6人前。愛想の良かったお姉さんも少しずつ機嫌が悪くなってきた。
何か悪いことしましたか?

最高記録は 12皿、96個という。それくらい食べれそう。

110721_22

これで 8人前。毎回 15分待たされるのはお店の策略かなぁ。
待ち時間が無駄で仕方ない。

110721_23

提供に時間がかかるなんて了承できない。
食べ放題でなかなか出てこないなんてタチの悪いホテルのバイキングみたい。

110721_24

水餃子もあるというのを発見した。教えてくれたらいいのに。数は 1人前 6個になる。

110721_25

8人前完食したところでラストオーダーという。
それはないでしょ。

110721_26

入店から 70分が経過して20時40分になってた。

110721_27

締めに水餃子を白と赤の 1人前ずつオーダー。これも15分待ち。
時間制限に負けた。

110721_28

水餃子は何もつけなかったらお湯の味しかしない。
こういうものなのかなぁ。

110721_29

赤の水餃子はピリ辛のいい味。ラー油が浮いてるのがわかる。

110721_30

ごちそうさまでした。10人前を食べたところで閉店の 21時になってしまった。

110721_31

\1,000-定額でも、伝票には何人前オーダーしたか毎回チェックされてた。
ぴったり 10人前、残念ながら新記録達成ならず。

でも、おいしかった向宿餃子。
またがっつり食べに来たいと思う。

〝お腹いっぱいになりましたか~〟

- はい。

向宿餃子
静岡県浜松市中区向宿2-25-25
053-462-6955
11:30-14:00、17:00-21:00(年中無休)

浜松駅南口

110721_03

浜松駅南口から見える「アクトタワー」。
浜松で一番ののっぽビル。

強まる風雨

110721_02

夕方から風が強く、雨がぱらぱらと降ってきた。
これは台風 6号の吹き返しの風かな。
明るいうちに帰れる幸せ。

台風一過

110721_01

台風一過のいい天気。
今日も暑くなりそう。

『ぽりぽり一番』

110720_14

『シダックス』で会計したらおまけにくれた『ほりぽり一番』。
これはおつまみ?

110720_15

「キリン一番搾り」のキャンペーングッズらしい。
麦に塩をまぶしてあってなかなか旨い。
ビールにあいそうなおつまみ。

『シダックス 浜松遊楽街クラブ』

110720_04

次々と声をかけてくるポン引きをさらりとかわして『シダックス 浜松遊楽街クラブ』へ到着。

110720_05

カウンターにスタッフの姿はない。
このご時世、平日の夜にカラオケに来る人なんていないのかなぁ。

110720_06

30分 \350-で 60分 \700-。20%引きクーポンで \560-。
毎週水曜日はレディースデーで 2時間無料、木曜日はメンズデーで 2時間無料。
明日来ればよかったなぁ…。

入店に身分証明書がいるのは不思議。

110720_07

カラオケに来るのは久しぶり。最近は分厚い曲目本がなくて全てリモコンで検索するらしい。

110720_08

使い方わからず…。
しばし回路が停止した。

110720_09

まずは生ビールで喉を潤す。1時間 100種類のドリンク飲み放題で \1,100-。

110720_10

フードメニューも盛りだくさん。メガ盛りメニューがあるのは面白い。価格設定はもちろん高い。

110720_11

とっておきのスタミナ丼 \650-

おすすめらしい「とっておきのスタミナ丼」をオーダー。
玉ねぎと豚キムチが入ってて、これが意外に旨い。やるなシダックス。

110720_12

ハミ出るお好み焼き \580-

「最近お好み焼き食べてないな~」とお好み焼きをオーダー。
全然はみ出てないけど、ふわふわで鰹節たっぷり、これまた旨い。
シダックスのフードメニューは意外と食べれる。

110720_13

カルーアミルクでまったり。1時間で7杯飲んだら元は取れたかなぁ。

歌うというより食事目的で来店したシダックス、また来よう。

シダックス 浜松遊楽街クラブ
静岡県浜松市中区肴町318-12
053-458-7722
11:00-30:00(年中無休)
http://www.shidax.co.jp/sc/

浜松肴町通り

110720_03

肴町通りへやってきた。

かつて徳川家康が浜松城にいた頃、この通りに魚屋が栄えたことから命名されたという。
現在ではきらびやかな飲食店やカラオケ店が並び、当時の面影はない。

ポン引きの多さにびっくり。

空腹

110720_02

ずいぶん大きくなった3羽のツバメの雛。
雨の日は餌が獲れず空腹を余儀なくされる。
体力温存するためにじっと雨がやむのを待つ。

暴風雨

110720_01

つい先ほどまで降ってなかった雨が、ホテルを出るなり暴風雨。
雨男パワーの強さを実感する。

チェックイン

110719_12

今夜も「ロイネットホテル 浜松」へ。
第一通りから遠州鉄道の高架が屋根になって傘なしでも大丈夫。

110719_13

一番お気に入りのロイネット。新しくて設備も満足。
綺麗なのがいちばん。

110719_14

\500- でのグレードアップはお断り。
少し違う間取りのシングルルームは、これまでより広く使える。

110719_15

広く使えるコーナーデスクが素敵。
存分に有効活用させてもらいます。

ダイワロイネットホテル浜松
静岡県浜松市中区旭町9-1
053-455-8855
http://www.daiwaroynet.jp/

横殴りの雨

110719_10_2

小降りになってた雨が外に出るなり豪雨になった。
タクシーに乗ったら前が見えないほど。
さすが雨男。

遠州鉄道の狭いホーム、横殴りの雨に屋根は形だけのもで役立たず。

110719_11

21時回った遠州鉄道車内はほとんど乗客がいない。

豪雨

110719_09

激しく窓を打つ雨。
たらいをひっくり返したような雨。

「盥」って書ける?

110719_08

台風の影響による雨。
しばしの小康状態。

通常運行

110719_04

6時42分、ひかり506号は定刻通り京都駅へ到着。
台風6号にともなう大雨の影響はまだ出ていない。

110719_05

週明け朝一番のひかりでも乗客は少ない。
わずか 1車両に3人。

110719_06

名古屋までは米原、岐阜羽島と各駅停車。
降ったりやんだりの雨が続く。関ヶ原で減速するかと思ったけど通常通り。

110719_07

浜松駅到着。雨の影響もあって涼しい。

京都駅

110719_01

台風6号の影響で降り続く雨。
ゆっくりした速度で総雨量はうなぎのぼり。

110719_02

地下東口から入場、誰も歩いてないけどJRは動いてるのかなぁ。

110719_03

新幹線ホームへの長いエスカレーターを上がる。
奈良線と山陰線がある京都駅は日本一長い駅として有名。

昼下がり

110718_02

大好物の落花生をアテにお中元でいただいたヱビスビールを楽しむ。
ゆっくりとした休日の昼下がり。

朝焼けは雨

110718_01

まるで夕方と間違えるほど綺麗な朝焼け。
東の空に見えるのが朝の証拠。
シャッターチャンスは一瞬。

閉店前

110717_04

閉店前の『マツヤスーパー』へすべりこむ。
これだけ空いてると快適そのもの。

110717_05

\299-のきびなごの刺身が\99-のタイムセール。
たったこれだけで \299-という値札がおかしい。

1人カラオケ

110717_03

たまに1人カラオケがしたくなる。
喉枯れるまで。

石山駅

110717_02

滋賀も京都と暑さは変わらない。
東レの製品が敷き詰められた石山駅、プールの更衣室のような臭いがする。

3連休テニス

110717_01

3連休の中日、テニスに訪れる人は少ない。
テニス好き集まれ。

京都の夏

110716_04

京都の日射しは浜松とは違って刺すような感じ。
それに風邪がなくてまとわりつくような熱気を感じる。

浴衣姿の女性が多いのは宵山だからかな。

血液不足

110716_03

献血ルームへやってきた。あまりの人の少なさに驚きを隠せない。
3連休で献血ルームは閑古鳥?

夏の献血にご協力をお願いします。

打ち水

110716_02

打ち水もひしゃくなら凉を感じるけど、ホースでの放水なら風情も何も感じない。
でも、気化熱による温度低下効果は同じ。

合同理事会

110716_01

任期1年を前に、次期理事候補との合同理事会開催。
異議なく終了、1年は短い。

ワゴンサービス

110715_22

ワゴンサービスも大忙し。嬉しい悲鳴。

満席

110715_21

いつもガラガラの新幹線なのに珍しく座れないくらいの大混雑。
3連休前の金曜日だからかなぁ。

スタバ

110715_20

新幹線の待合所にあるスタバ。
いい所に出店してるなぁ。
お客さんは次々と絶えずやってくる。

カワイ

110715_19

音楽の街、浜松。ヤマハ、カワイの他に、ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、浜ホトと有名企業が多い街。
新幹線の改札を抜けるとショールームが目に入る。
もしもピアノが弾けたなら…。

河合楽器製作所
http://www.kawai.co.jp/

チケットレス

110715_18

チケットレスで入場を試みるも、読み取りエラーが続く。
カードを何枚も入れてると誤作動が絶えない。

機械は壊れるもの。

当日券

110715_17

新幹線の切符を購入。
「ひかり」しか停車しない浜松駅は、当日券の自由席で十分。

『赤寅』

110715_09

浜松駅ビルメイワンのエキマチイーストにある、『赤寅』へやってきた。
「創作炙り串焼き居酒屋」というスタイル。

110715_10

半ば強制的に店内に呼び込まれてカウンターに案内されたもののお客さんは皆無。
大丈夫かなぁ…。怪しい臭いがしてきた…。

110715_11

誰もいなかったキッチンにスタッフがぼちぼちと出てくる。
もしかしてオープンしたばっかりだったのかな。

110715_12

この手書きメニューは見たことがある。
海産物はお隣の『八丁蔵』から持ってくるという。
『八丁蔵』は魚がおいしかった記憶がある。

110715_13

トマト大好き。大きくてぷりぷりの実が嬉しい。

110715_14

お薦めの「葉しょうがの豚肉巻き」は、しょうがの味がしっかりと出ててシャキシャキとした食感がいい。

110715_15

鰻の蒲焼きは普通。白焼きは穴子しかなかった。どうしてなんだろう。

110715_16

にんにく大好物。丸ごと焼いた小さなにんにく。無臭にんにくかなぁ。

1時間に1本の新幹線待ち。

赤寅
静岡県浜松市中区砂山町6-1
053-454-8259
11:00-23:00(年中無休)
http://dan-group.com/

仕事納め

110715_08

仕事で疲れた背中に「お疲れさん」の一言。

ツバメの親子

110715_04

ピーピーうるさいと思ったら、喫茶店の玄関前にツバメの巣があった。
昨日までなかったのになぁ。

110715_05

よく見たら、雛の頭がふたつ見える。
身体隠して頭隠さず。

110715_06

元気よく鳴いて頭より大きな口を開ける雛。
指がすっぽり入りそう。

110715_07

親鳥が帰ってきた。
カメラを向ける人間の姿に警戒。

事故

110715_03

朝から事故ですか…。
静岡県警、お疲れさんです。

ロビー

110715_02

できたてほやほやのロビーにはまだ花が飾ってある。
綺麗な胡蝶蘭はいつまで咲き続けるのだろう。

ベッドメイク

110715_01

結局一度も使うことがなかったベッド。
ホテルに泊まってもベッドを使うことはほとんどない。

『大漁日本海庄や』

110714_05

『大漁日本海庄や』へやってきた。
今日は近場、ホテルの1階。
ホテルの宿泊客が多いのか満席で待ち状態。

110714_06

刺身が自慢らしい。本当かなぁ。
あまり新鮮だった記憶はない。

110714_07

10分ほど待って座敷へ。
学生と思われるアルバイト店員の対応はいまいち。
無理矢理なぎこちない笑顔が印象的。

110714_08

メニューは豊富にありそうでいて、惹かれるものが見当たらない…。

110714_09

つきだしは、ほうれん草のおひたしに乾燥海老が少し。
これがなかなか旨かった。

110714_10

アジのお刺身。身はふにゃふにゃでこんなにおいしくない刺身を食べたのは初めて。
しかも生ぬるい…。チェーン店なんてこんなものかな。

110714_11

ハズレがないと思ったゲソの天ぷら。
たったこれだけの量にこのお店の経営を疑う。

朝食はおいしいのになぁ…。

大漁日本海庄や
静岡県浜松市中区旭町9-1
ダイワロイネットホテル1階
053-454-2005
7:00-10:00、11:30-14:00、17:00-23:00(年中無休)
http://www.daisyo.co.jp/brand/nihonkai_syoya/

110714_04

橙色のまぶしいカプチーノが隣に並ぶ。
運転席に伸びてるアルミダクトは強制空冷エアコン?
屋根空けたら直射日光でやられるオープンカー、夏の日差しは苦手。

待ち時間

110714_03

小松駅ではタイミングが悪いとタクシーがいない。
しばしの待ち時間。

浜松の朝市

110714_02

新浜松と第一通り駅間の遠州鉄道ガード下、今朝は朝市の準備中。
この3週間で初めての朝市、毎週開催してるわけではないらしい。

夜明け

110714_01

寝てしまうと起きれない怖さに襲われ朝を迎えた。
綺麗な夜明けの空。

来来亭

110713_09

コンビニに寄ると、「来来亭」のカップラーメンが置いてあった。
エースコックが商品化したものらしい。
「来来亭」の味が出てるのかなぁ。

『酒蔵 菊川』

110713_04

『酒蔵 菊川』へやってきた。
とっても怪しい雰囲気。
1人ならまず入らないお店。

110713_05

店内は変な異臭がしてる。飲食店とは思えない臭いにげんなり。
夫婦さんでやっておられるのかなぁ。
愛想はいい。

まともな食事ができるのか心配。

110713_06

らっきょの塩漬けを出してくれた。
塩辛いだけのらっきょ。
食べれるもの?

110713_07

上うなぎ定食 \3,000-

薄っぺらくて固いうなぎ2枚、う巻き2切れ、鰻の肝焼き、お漬物、お吸い物、デザートにメロンが付いて \3,000-。

110713_08

スーパーで \780-で売ってる鰻の方がおいしいかもしれない。
これで上うなぎなら、普通のうなぎはどんな味なんだろう…。
お客さんいないのもよくわかる。

酒蔵 菊川
静岡県浜松市中区旭町10-8 浜松駅前ビル地下1階
053-456-9534
17:00-22:30

べんがら横丁

110713_03

浜松駅前の「べんがら横丁」へやってきた。
こんなところは地元の人は来ないのかなぁ。
誰も歩いてないのは不思議。

ECOLOGY CARD

110713_02

「ECOLOGY CARD」を扉に貼り付けておく。
ベッドメイクはいりません。

ウォーターベッド

110713_01

154cm幅の快適なウォーターベッドは横にも寝れそうなくらい広い。
でも、身体にはあわないみたい。腰が痛い…。

『天錦』

110712_16

『天錦』へやってきた。
浜松で天ぷらを食べるならここという名店。
田町の交差点を下がって1本目を西へ、「かに道楽」の手前にある。

110712_17

カウンターのみ10席のお店。
大将と女将さん、息子さんの家族経営。

110712_18

「喰べる楽しみ 生きるよろこび」が文句。
メニューはない。

110712_19

つきだしはキュウリの生姜和え。
さっぱりしてて旨い。

110712_20

女将さんに「お食事ですか?」と聞かれて、食事以外に何があるのかなと思いつつ名物の天丼をオーダーした。
すかさず大将が油に火を入れて手際よく食材を揚げはじめる。まずは玉子の黄身から。油の中に手を入れて沈めるのは噂どおり。170℃くらいあると思うけど熱くないのかなぁ。揚げるパフォーマンスも見てて面白い。

110712_21

へいっ、おまちどうさま。

そのステンの板は天ぷらを置くところみたいだけど…。

110712_22

くるくると丼の蓋を回転させて載せるパフォーマンスも誰も見てないのは虚しいの一言。

110712_23

蓋を開けると、海老4尾、海苔、イカ、大葉、しめじ、ピーマン、の天ぷらがのってた。

110712_24

しじみのお吸い物は浜名湖で獲れたしじみ?

110712_25

丼は小ぶり。これで値段を聞いたら驚くね。

お客さんはパイロット?

- はい?違いますよ~。

パイロットに見えるのかなぁ。浜松だから?

パイロットじゃないの?それじゃ整備のほう?

- 航空業界ではありませんよ~。

どうしてパイロットなんだろう。短髪だからかなぁ。

110712_26

1粒1粒はっきりと主張する固めのご飯がおいしい。
そして玉子の黄身が出てきた。
これがつい先ほど手で揚げてた玉子の黄身。
衛生的にどうなんだろう。

110712_27

丼を半分くらい食べてると、丼の蓋にお豆腐、イカ、海老の磯部揚げの天ぷらが置かれた。

これ、天丼のセットね

知ってたけど、驚くふりをしてみた。

110712_28

上品でおいしい天ぷらの天丼だったけど、\2,000-の価値はない。
また来ることはないだろうなぁ。

次はお昼来てな、半額だから。

半額でも \1,000-。それだけ出す価値はあるのかなぁ。
でも、お昼は行列のできる人気店という。

お友達によろしく~

よろしく言うけど、いまいちだったと感想を告げるだけ。
まだ『みずなぎ』のほうが 200倍満足できる。

天錦
静岡県浜松市中区田町325-29
053-452-9528
11:15-13:30、17:00-19:30(水曜休み)

飲食街

 110712_15

このエリアは飲屋街なのかな。
石畳の道路で人はほとんど歩いてないけど車の往来は多い。

第一通り

110712_14

遠州鉄道を第一通りで降りて北側、いつもと反対側を目指して歩く。
まだ明るいのは嬉しい。

『炭焼きレストラン さわやか』

110712_02

『炭焼きレストランさわやか』へやってきた。
毎日タクシーで横を通って気になってたお店。

110712_03

実はお昼時になると行列ができる程の人気店、浜松では知らない人がいないほど有名。
休日は大行列ができるという。駐車場には驚くほどたくさんの車が停まってた。

110712_04

店内は空いてるテーブルがないほどのお客さんであふれてた。
こんなに活気のあるファミリーレストランは久しぶり。

110712_05

げんこつハンバーグ \924-

『さわやか』へ来たら「げんこつハンバーグ」を食べる人が9割以上。
「げんこつハンバーグ」を食べるために『さわやか』に来ると言っても過言ではない。

110712_06

定番の「げんこつハンバーグ」をオーダーすると、まず紙のランチョンマットがテーブルに敷かれる。
ソースはオニオンとデミグラスが選べて、ランチタイムは野菜スープが付き、さらにパンかライスを選べる。

110712_07

待つこと約10分、念願の「げんこつハンバーグ」が運ばれてきた。

〝端っこを持ってください〟

どうやっていいか分からず持ち上げてみたら、店員さんが面倒臭そうに端っこをテーブルに残して置いてくれた。
その上にアツアツの鉄板を置く。初めてだったら説明してくれないと分かりません。この時点でマイナスイメージ。

110712_08

アツアツの鉄板の上に置かれた大きな「げんこつ」のハンバーグ。
手際の良い店員さんの手によって真っ二つに割られる。
その中は完全に赤身。レアが無理な人にはまず食べられない。

110712_09

調理時間は1分ほど、半分に割って赤身を鉄板に押しつける。
ただひたすら沈黙が流れる。

110712_10

この状態で焼き上がるまで2分くらい待つ。

110712_11

油の飛び跳ねるのが収まるまでしばし待つ。
この間も紙のガードは持ったまま。

どうりで床がぬるぬるなのか…。

110712_12

見事なパフォーマンスも料理のうち。
おいしいハンバーグに期待が高まる。

110712_13

半分に割ったら完全に赤身。準備ができてすぐに食べようとしたらハンバーグが冷たかったほど。
冷たいハンバーグってよっぽど。こんなハンバーグは初めて。まるで生のユッケが提供されてるみたい。
ジューシーなハンバーグは、外はカリカリ、中はふわふわでおいしかった。
ソースもおいしかったし、添えられてた大きな野菜たちもとてもおいしかった。

たまに食べたくなる、記憶に残るハンバーグ。
浜松にいる間に経験できて良かった。

炭焼きレストランさわやか 浜北店
静岡県浜松市浜北区平口2926-1
053-584-6322
11:00-24:00(年中無休)
http://www.genkotsu-hb.com/

浜松の朝

110712_01

低階層から見上げる「オークラアクトシティ浜松」。
それでも前が壁よりもよっぽどいい。
日の出と共に目覚め。

落花生

110711_16

旅のお供の必需品、大好物の落花生。

『ダイワロイネットホテル浜松』

110711_08

『ダイワロイネットホテル浜松』へやってきた。
お気に入りのホテル。

110711_09

1階の「日本海庄や」で夕食には困らない。

110711_10

部屋選びにえらい時間がかかった。
\500-プラスでツインの部屋に替えてもらえるという。
シングルで十分すぎるからいりません。

110711_11

さすがに12階と較べると部屋数が多い。

110711_12

18m2のシングルルーム、27m2のツインルームとは違って格段の狭さ。
黒を基調にしたシックな部屋は雰囲気が素敵。

110711_13

テレビも 32インチから 26インチにサイズダウン。それでも十分。
広いテーブルと大きな椅子は同じ。

110711_14

122cm幅のツインルームより遙かに幅広の154cm幅のベッド。
ダブルサイズと思えるほど。

110711_15

ツインルームは白が基調の部屋に黒いバスルーム、シングルルームは黒が基調の部屋に白いバスルーム。
ツインルームの広いバスルームを堪能しておくべきだったなぁ。

\850-の朝食は今回別料金。

ダイワロイネットホテル浜松
静岡県浜松市中区旭町9-1
053-455-8855
http://www.daiwaroynet.jp/

お疲れさん

110711_07

日本のサラリーマンにお疲れさん。

小松駅前

110711_06

小松駅前には何もない。
遠州鉄道のなかで浜北駅は大きい方だと実感する。

遠州小松

110711_05

初めて降りる、遠州小松駅。
のどかな駅。

朝日と新幹線

110711_04

朝日に映える新幹線。
伝えたいことが伝えられないのは未熟な腕のせい。

700系ひかり

110711_03

6時42分発のひかり506号は700系。

京都タワー

110711_02

京都のシンボル、京都タワー。
しばしのお別れ。

京都駅

110711_01

旅の始まりは京都駅から。

快晴

110710_13

雲ひとつない快晴に見舞われた。
強い日射しが夏を感じさせる。

寒すぎるくらいエアコンががんがん効いた JR に節電という意識はないのかなぁ。

『博多一幸舎』

110710_07_2

京都駅ビル 10階の「京都拉麺小路」にある『博多一幸舎』へやってきた。
お昼時なのに行列はない。人気ないのかなぁ。

110710_08_2

麺の固さを、柔らかめ、固め、ばり固め、の 3種類から選ぶ。
替玉は \150-。

110710_09_2

しょうがと辛子高菜が用意されてるのは博多本店と同じ。

110710_10_2

待つこと 5分、「味玉ラーメン」と「ねぎマヨ丼」のおでまし。

110710_11_2

味玉ラーメン \750-

いちばんオーソドックスな「味玉ラーメン」をオーダー。深みのあるとんこつスープなのに、臭みが全くなくて後味すっきりで食べやすい。ストレートの細麺は博多ラーメンそのもので、とんこつスープによく合う。
久しぶりに「また食べたい」と思うラーメンに出会った。

110710_12_2

ねぎマヨ丼 \300-

ラーメンだけでは後口が悪いと思ってオーダーした「ねぎマヨ丼」。
これが意外に旨くてまた食べたいと思えるほど。

頻繁に店舗が変わる「京都拉麺小路」でもいちばんのお気に入りのお店。また来たい。

九州以外では、京都の「拉麺小路」と浜松の「べんがら横丁」にのみ店舗がある。

博多一幸舎 京都拉麺小路店
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
京都駅ビル10階 京都拉麺小路内
075-361-0739
11:00-22:00(年中無休)
http://ikkousha.com/

空中径路

110710_06

京都駅ビル 10階にある空中径路はさすがにもうほとんど人は歩いてない。
エアコンが効いてるので温室状態にはなってないのが救い。

大階段

110710_05

京都駅ビルの大階段へやってきた。
イベントをしていない日は誰もいない。
昼間の夏の日射しの元、ただ座る好き者は珍しい。

京都駅ビル

110710_04

京都駅ビルにやってきた。
初夏らしいいい天気。

シーズンオフ

110710_03

三十三間堂前の七条通は、歩行者も自動車もほとんどない。
祇園祭を前に観光シーズンを外れた京都の街。
いつもこれだけ空いてたら生活しやすいのになぁ。

ぎっくり

110710_02

スマッシュを決めた後、腰に激痛が走った…。
まさかぎっくり腰ではないと思う。
歩けるだけマシかな。

プール日和

110710_01

強い日射しはテニス日和というよりプール日和。
今年は海に行きたいなぁ。

京都

110709_50

京都タワーを見て京都に到着したことを実感する。
まとわりつくような熱気は京都独特。
外から戻ってくると京都の暑さを肌で感じる。

浜松駅

110709_46

少し早めに浜松駅ホームへ上がる。
新大阪方面の下りは、「こだま」が1時間に2本、「ひかり」が1時間に1本。「のぞみ」通過駅。

110709_47

通過線路を「のぞみ」が全開で通過する。285km/hで通過する新幹線を目の前で見ると圧巻。

110709_48

名古屋行きの「こだま」が停車。各駅停車でもそんなに時間がかからないとおもうけど、新幹線の場合は駅で通過待ちのため5分から15分程度停車する。「こだま」が遅い理由。上り、下りともに1本ずつしか線路がないから仕方ない。

110709_49

名古屋から各駅停車になる「ひかり」で京都まで90分。
自由席はいつもガラガラ。爆睡できる一時。

powed by music

110709_44

浜松駅の新幹線改札を抜けるとヤマハと河合楽器のショールームがある。
このお洒落な見せ方はヤマハのもの。

110709_45

iPod を接続できるお洒落なラジカセ。
少し欲しくなった。

ヤマハ株式会社
http://jp.yamaha.com/

しらすパイ

110709_43

浜松のお土産といったら「うなぎパイ」かなぁ。
いろいろな種類がある中で、「しらすパイ」は一番惹かれない商品。

春華堂
http://www.shunkado.co.jp/

牛鍋丼

110709_40

浜松での締めに『吉野家』で「牛鍋丼」。
白ごはんが見えるほど具は少ない。

110709_41

牛肉の割合が半分以下という激しいコストダウンを狙った「牛鍋丼」。
七味と紅ショウガでアクセントを付ける。

110709_42

ごちそうさんでした。

吉野家 浜松駅店
静岡県浜松市中区砂山町322-4
053-450-1525
24時間営業(年中無休)
http://www.yoshinoya.com/

遠鉄百貨店

110709_39

浜松駅前の「遠鉄百貨店」は浜松を代表する遠鉄グループの百貨店。
すぐ横に新館を建設中と勢いがある。

勢いのあるお店らしく、トイレがとても綺麗。
トレイの綺麗なお店は繁盛する。

遠鉄百貨店
静岡県浜松市中区砂山町320-2
053-457-0001
10:00-19:30
http://www.endepa.com/

松菱跡

110709_38

2001年の経営破綻以後、10年に渡り放置されてる松菱百貨店跡。
1945年6月18日の大空襲にも耐えた建物。
1階の工事柵さえなかったらまだ営業してるようにも見える。

肴町通り

110709_37

夜はポン引きとタクシーで埋まる肴町通り。
有楽街ともいうらしい。

目抜き通り

110709_35

浜松駅前の目抜き通り、伝馬町から鍛冶町にかけての商店街。
何か名称は付いてないのかな。
朝早いだけに人の姿はまばら。

110709_36

夜は騒がしい「ザザシティ浜松」にも静寂が訪れる。
朝日がまぶしい。

『金山神社』

110709_34

『金山神社』へやってきた。
徳川家康の侵攻に備えて築いた北区細江町の刑部城(おさかべじょう)跡にある「金山神社」とは違うらしい。
何か関連があるのかなぁ。

消防発祥之地

110709_33

「浜松消防発祥之地」を発見。
昔ここで火事が起きたのかなぁ。
青々とした芝生が綺麗。

浜松散策

110709_32

浜松に来て、明るいうちに街を散策するのは初めて。
まだ浜松のことは何も知らない。

グランドホテル浜松

110709_30

グランドホテル浜松をあとにする。
滞在時間はわずかだったけど、良い点も悪い点も見つかった伝統のホテル。

110709_31

天皇陛下が宿泊された時は、浜松駅からグランドホテルまで赤じゅうたんが敷かれたという。
2km近くある狭い一般道に赤じゅうたんが敷かれたというのは信じられない。
まず徒歩で訪れることが考えられない。
都市伝説か…。

電梯

110709_29

エレベーターは電気の梯子、「電梯」と表現するらしい。
昭和の香り漂う本館。エレベーターの閉じ方もわからない。

グランドホテル散策

110709_18

満腹になって新館内を散策。やっぱり本館とは全然違うつくり。
それでももう新しさは感じない。

110709_19

スズキのブースがひときわ目立つ。
浜松では、ホテルや駅に地元企業の自動車、バイク、楽器メーカーの展示がある。
京都では見たことのない演出。でも、お茶や着物が飾ってあるのと同じかなぁ。
いや、飾ってあるのと販売してるのとは全然違う。

110709_20

続いて控えめにホンダブース。
ホンダも船外機作ってるのか~。

110709_21

ホンダのアクティはとってもいい車。
軽トラの中ではピカイチ。

110709_22

伝説のCBXを彷彿とさせるCB。
もうレーサーレプリカの時代は終わったのかなぁ。

110709_23

そしてお隣にF.C.C.テクニカルスポーツのブース。
ブルーでまとめたカラーは8耐での印象が強く残る。

110709_24

誰が乗ってたか忘れたけど、あの頃のRVFは上位にいたはず。

110709_25

早そうなCBR1000RR、どれくらいのパワーがあるのだろう。
スリックタイヤはとても柔らかくて強烈にグリップしそう。

110709_26

本業の製品展示コーナー。

110709_27

4輪のクラッチコーナー。単板乾式クラッチ。アフターパーツとしてはあまり見かけない。
どこかのメーカーの車に標準装備されてるのかなぁ。表に見えない製品は知名度が低い。

110709_28

多板湿式クラッチは2輪のもの。馴染みのある製品。


少し時間が早くて全てのお店が開いてるわけではなかったのが残念。
もうちょっとゆっくり見たかったなぁ。
シティホテルはビジネスホテルとは違った楽しみがある。

『サニーサイド』の朝食バイキング

110709_02

新館 2階の吹き抜けホールにある『サニーサイド』で朝食バイキング。
ホテルらしくしっかりとしたスタッフが大勢いる。

110709_03

開放的なテーブル席もある。
まるで屋外のカフェにいるような雰囲気。

110709_04

偶然撮れた無人のバイキングコーナー。
常にたくさんの人であふれかえってた。

110709_05

サラダはオーソドックスにレタス、キュウリ、ミニトマト、コーン。
ハムが 2種類添えられてた。

110709_06

フルーツコーナーには、パイン、オレンジ、パッションフルーツ、ヨーグルトが並ぶ。
これがなかなかおいしかった。拍手。

110709_07

洋食のレストランだけど、和洋中と勢揃い。食べるものを選ぶのに困るほど種類は多い。

110709_08

年配の方向けにおばんざいも数多く並ぶ。

110709_09

「焼きたて」ならぬ「温め」たてのパンが保温庫に並ぶ。
ふわふわのクロワッサンはとってもおいしい。

110709_10

1回目は洋食で攻める。少し控えめ。

110709_11

ソーセージもスクランブルエッグもおいしかった。
パスタはそこそこでもハズレなし。

110709_12

サラダに温野菜、煮物もおいしかった。
盛りつけが下手なのはご勘弁。

110709_13

そしておいしかったプレーンのクロワッサンと抹茶のクロワッサン。
30個以上食べたと思う。シンプルだけどふわふわでしっかりとパンの味がした。
このパンを食べるためだけにまた宿泊したいと思うほど。

110709_14

2回目は和食で攻める。漬物の種類も豊富で、わさび漬けがおいしかった。佃煮や豆腐があるのも嬉しい。
ドリンクも、牛乳、オレンジジュース、アセロラドリンクと種類は多い。
もちろん、コーヒー、紅茶、お茶もあり。

さすがホテルの \1,785- もする朝食バイキングだけあっておいしかった。

110709_15

6時30分の開店15分前から30人近い爺さんたちがたむろしてた。
さすがに目覚めが早くて他にすることがないらしい。
この爺さんたち、うるさくはしゃぎまわるだけでなく、順番なんて関係なし。
次々と抜かしては騒ぎ立てる姿をみてると、マナーの悪いのは若者ではなくて爺さんたちだというのがわかる。
中国人の悪いマナーが叫ばれてたけど、人種関係なく、この歳あたりの爺さんは自分のことしか頭にないらしい。

あまりにうるさくてお店が開店時刻を早めたほど。
空気読めない人間というのはこういう人たちを指すんだろうなぁ。

110709_16

飢えを癒すかのように食材に群がる爺さんたち。
戦時中でもあるまいし、もっと上品な振る舞いができないものかなぁ。
誰も真似はしないと思うけど、外国人らが日本人を誤って認識しかねない。

110709_17

無神経な爺さんの他は、中国、韓国などのアジア人ばかり。
ここは普通の日本人は宿泊してないのかなぁ。

料理はおいしかったけど、客層が最悪だった…。

サニーサイド
グランドホテル浜松内
静岡県浜松市中区東伊場1-3-1
053-452-2116
http://www.grandhotel.co.jp/

曇天の浜松

110709_01

「グランドホテル浜松」の朝、梅雨明け宣言されたばかりなのに曇天。
せっかくの眺望もいまいち。たいした眺望ではないか…。
新幹線が見える。

ホテル内散策

110708_15

いくつもの宴会場があるのはさすが老舗のシティホテル。
昔はここで結婚式を挙げるがステータスだったのかな。

110708_16

誰か有名人の絵かなぁ?
絵心はない。

110708_17

スーパードライ 350ml が \350-、500ml が \450-で売られてる。
このぼったくり自動販売機でビールを買う人がいるのかなぁ。
ホテルの外にはコンビニがある。

110708_18

新館にやってきた。
さすがに本館とは雰囲気が違う。

110708_19

まるで外にいるのかと錯覚するような吹き抜け。
天井が高い。

110708_20

一段高いところにスズキの展示コーナーがある。
車、バイク、シニアカー、船外機。

110708_21

F.C.C. テクニカルスポーツの CBR1000RR が展示してあった。
8耐で見て以来。クラッチメーカーというのを初めて知った。

110708_22

偽物のスヌーピーが飾ってあるここが朝食バイキング会場の「サニーサイド」。
あまり広くはないね。

110708_23

エレベーターで12階へ上がる。
フランス料理の「サンセットヒル」とスカイラウンジの「サムデー」。
片仮名で書くと少しおかしな感じ。

110708_24

新館の客室。本館と違って綺麗なのかなぁ。

110708_25

通路もずいぶんマシに見える。

110708_26

エレベーターホールも白が基調で清潔感あふれるもの。

110708_27

観光のパンフレットも勢揃い。
「パルパル」って何?

110708_28

新館でもトレイは古い。
トイレを大事にしてるところは栄える。

110708_29

浜松といえば「春華堂」のうなぎパイ。
これに尽きる。

『グランドホテル浜松』

110708_05

『グランドホテル浜松』へやってきた。
浜松駅から徒歩20分、少しアクセスは悪いけど浜松を代表する伝統のあるシティホテル。

110708_06

たちの悪いヤンキーが5,6人フロントで騒いでた。
品のない客はお断り。

110708_07

本館のがっちゃんこ、と動くエレベータは今にも壊れそう。
大丈夫かなぁ…。

110708_08

古い施設でも、通路の天井には無線LANのルーターが設置してある。それだけが救い。

110708_09

今時見かけない大きな鍵で扉を開ける。するとそこには何とも言えない異臭がした。
この臭いだけで今すぐに部屋を出たくなったほど。
こんなに古い部屋に泊まった経験は一度もない。

110708_10

30年前は豪華なホテルだったのかなぁ。
部屋の広さも今でこそ普通だけど、昔は広かったのかもしれない。

110708_11

唯一ソニーの BRAVIA が新しくて違和感がある。
きちんとポットにお水が入ってるのはさすが。

110708_12

歴史を感じさせる古さのバスルーム。
それでもウォッシュレットは備えてある。
シャワーヘッドの低さが時代を物語る。

110708_13

\1,785-の朝食バイキング付き。
朝食でも付いてなかったら泊まるはずはないホテル。
それだけが楽しみ。

110708_14

夜景もイマイチ。
失敗した感が非常に大きなホテル。

グランドホテル浜松
静岡県浜松市中区東伊場1-3-1
053-452-2114
http://www.grandhotel.co.jp/

浜松の夜

110708_04

浜松の中心街をひた歩く。
金曜日だけにたちの悪い酔っぱらいが多い。

十人十色

110708_03

毎日2回タクシーに乗る生活が1週間続いた。
ドライバーは老若男女、無言の方から愛想がよくておしゃべり好きな方まで十人十色。
乗車した瞬間にそれを判断して対応を変えないといけないのが苦痛。タクシーは嫌い。

梅雨明け

110708_02

浜北駅前は朝から降った雨の影響が残る。
平年より13日早く、関西が梅雨明け宣言。昨年より9日早い。
そして中国から東海地方も梅雨明け。梅雨明け宣言してから雨が続くのは不思議。

朝食バイキング

110708_01

満足と思えた「コンフォートホテル浜松」の朝食バイキング、2日続いただけで飽きを感じる。
メニューが毎日同じというのはさすがに飽きる。
こだわりのスイーツは一度も出たことがない。
パンがおいしいのが唯一の救い。

『石松餃子 浜松本店』

110707_10

『石松餃子 浜松本店』へやってきた。
浜松へ来る前から目を付けてた餃子店。

110707_11

昭和28年の創業以来、3代に渡って浜松餃子を伝えてきた老舗。
意外に綺麗な店内は最近改装されたもの。

110707_12

レジの前には有名人の写真とサインがずらり。
サインを並べてるお店はたいしたことがないところばかり。

110707_13

餃子のネタはキャベツと臭みのない遠州産の豚という。

110707_14

餃子定食は、餃子にごはんと味噌汁。関西では考えられない取り合わせ。
お好み焼きをおかずにごはんを食べる感覚かなぁ。
小は餃子10ヶで \840-。単品なら \525-。

110707_15

10分近く待たされて出てきた餃子定食(小)。
円形に餃子が並ぶのは中以上という。

110707_16

大きなぷりぷりの餃子は王将に近い。
柔らかい皮に包まれたネタもふわふわと柔らかい。
浜松餃子の特徴、もやしも忘れずに。

価格設定は王将の2倍以上、これなら王将に行くかなぁ。

石松餃子 浜松本店
静岡県浜松市浜北区小松1145-1
053-586-8522
11:00-14:00、16:30-21:00(水曜休み)
http://www.ishimatsu-gyoza.jp/

通勤電車

110707_09

車がないと生活できないという浜松でも、遠州電鉄で通勤してる人も多い。
第一通り駅でごっそり降りるのはビジネス街があるから?それともサービス業?

高層マンション

110707_08

とても綺麗な高層マンション、ホテルと見間違えたほど。
全て埋まってるのかなぁ。

こんなマンションに住んで見たい。

浜松郵便局

110707_06

浜松郵便局にやってきた。ATMは7時から稼働。
お世話になってます。

110707_07

必ず新札が出てくるATM、ささやかな幸せ。

ロイネット

110707_01

浜松駅前、ロイネットホテルを横目に見ながら駅に向かう。
もう一度泊まりたいお気に入りのホテル。

朝食タイム

110707_01

ホテル宿泊のいちばんの楽しみ、朝食タイム。

110707_02

サラダがメイン。おにぎりとパンがサブ?

110707_03

パンは5種類、おいしいパンが食べれるという理由だけでコンフォートホテルに宿泊してると言っても過言ではない。

110707_04

バター 8個使ってるだけで何個食べてるか想像がつく。30個は食べたかなぁ。
無料の朝食バイキングとしては満足な内容。

すき家で特盛

110706_23

『すき家 浜松駅南口店』へやってきた。

110706_24

雨の中、サラリーマンの姿が目立つ。これぞリーマンショック、いやリーマンショップ。

110706_25

すき家は牛丼屋さんのなかでもメニューが多い。
「うな丼」も新たにラインナップ、おいしいのかなぁ。

110706_26

牛丼特盛、1辛の\20-プラスで \500-。

110706_27

辛さを出すためのソースはチリソース?あまりおいしそうに見えないなぁ。

110706_28

牛丼の定番、紅しょうがと七味をかける。
誰に教わったものでもない。

110706_29

端数が出ると嫌がるお店が多い。無理矢理1辛にしたのは \500-に合わせるため。
ごちそうさんでした。

3食がっつり、食べ過ぎ…。

すき家 浜松駅南口店
静岡県浜松市中区砂山町324-8 第一伊藤ビル1階
http://www.sukiya.jp/

『コンフォートホテル 浜松』

110706_18

『コンフォートホテル浜松』へやってきた。
新しくて快適なホテルに戻ってくるのは当然かな。

110706_19

ホテルのコンセプトはロイネットによく似てる。
ロイネットの方が格段にいいのは言うまでもない。

110706_20

ホテルに着くとまずウェルカムドリンクの「ミニッツオレンジ」をその場で飲んで、エスプレッソを部屋に持ち帰る。
ささやかなサービスでも嬉しい。

110706_21

機能的に配置された部屋。
ワンルームマンション時代を思い出す。

110706_22

ベッドでゆっくり寝ることはないけど、やっぱり快適なほうがいいベッド。
椅子として座る目的で使うことが多い。

コンフォートホテル浜松
静岡県浜松市中区砂山町353-5
053-450-6111
http://www.choice-hotels.jp/cfhama/

お疲れ

110706_17

21時をすぎた電車の乗客はぐったり疲れ顔。
1日お疲れさまでした。

『家庭料理 田や』

110706_13

『家庭料理 田や』へやってきた。
雰囲気よさそうなお店。

110706_14

都田テクノエリアにある粋な料理屋さん。
こういう雰囲気のお店が落ち着く。

110706_15

水出しの緑茶でおもてなし。
さすが静岡、お茶がおいしい。

110706_16

ランチは \1,050-から。
お刺身膳 \1,050- をオーダー、新鮮なお刺身におばんざい、茶碗蒸しまでついてボリューム満点。
身体によさそうな食事。こういうお店なら何度でも来たい。

家庭料理 田や
静岡県浜松市北区新都田2-31-6
053-428-7885

駅近

110706_12_2

遠州鉄道のガード下を「第一通り駅」まで歩く。
ホテルから駅まで徒歩3分、繁華街にも近く、最高の立地条件にも満足。

『日本海庄や』の朝食バイキング

110706_05

朝食はホテル1階にある『日本海庄や』でバイキング。
開店は7時と少し遅い。居酒屋の朝食に少し期待。
でも、『日本海庄や』はあまりいいイメージはない。

110706_06

\800-相当の食事券。\800-というのは手頃かなぁ。

110706_07

居酒屋そのままの雰囲気。店内が少し狭く、スタッフとお客さんがすれ違えないほど。
7時開店からたくさんのお客さんが訪れて、座敷まで開放される。
あまりの混雑で快適ではないけど、それだけおいしいってことかな。

110706_08

おいしそうなサラダバー。おいしいサラダがあるだけで満足。

110706_09

『日本海庄や』のイメージアップのためか、\800-の朝食バイキングとしては驚くほどの豪華さ。
全種類を食べれないくらいの食材が並ぶ。

110706_10

マグロのお造り、サーモンのマリネ、豚の角煮、うなぎの蒲焼き、鯛飯、潮汁…。
こんなにおいしい朝食バイキングは初めて。

110706_11

大満足の朝食バイキング。鯛飯だけで3杯おかわりした。
40分かけて6回盛りにいくとさすがに店員に目を付けられた…。
パンがあまりおいしくなかったのは残念。
でも、ごはんがおいしければ満足。

食べ過ぎて動けない…。

最新が最高

110706_03

エレベーターで1階へ降りる。
途中で必ずロビー階の2階で停まる。
セキュリティ対策なのかなぁ。
綺麗なロビーはさすができたて。

110706_04

まるでリビングのようにリラックス。
外国人がうるさい…。

心地よい目覚め

110706_02

最高の気分で目覚めた朝。
窓から入る日差しが気持ちいい。

ダイワロイネットホテル浜松の朝

110706_01

広すぎる部屋と広すぎるベッドで快適な朝を迎えた。窓からのぞく朝日も格別。
正面の「オークラアクトシティ浜松」にも負けてない心地よさ。

『ダイワロイネットホテル浜松』

110705_13

『ダイワロイネットホテル浜松』へやってきた。
ロイネットグループはお気に入りのホテル。

110705_14

4月25日にオープンしたばかりのできたてほやほや。

110705_15

フロントは階段を上がって2階。
間接照明を生かした雰囲気が素敵。

110705_16

エレベーターで 12階の最上階へ。
セキュリティがしっかりしてて、3階以上の宿泊フロアにはカードキーを通さないと目的階を押せないシステム。

110705_17

通路も広々。ビジネスホテルという扱いに似合わない。

110705_18

扉を開けるとそこはツインルーム。

110705_19

27m2という十分すぎる広さ。
これだけ広いと逆に持て余す。

110705_20

ロイネットグループのホテルは広い机がウリ。
これだけあれば十分過ぎるほど。
木目が綺麗でまだ木の香りが漂う。

110705_21

大きなソファに32型のテレビは快適そのもの。
テーブルにソファもある。
もちろん、ベッドも素晴らしい。
枕2つにクッションがあるのはシティホテルとしても十分。

110705_22

広々としたバスルームはビジネスホテルとしてはもったいないくらいの設備。
これだけの設備ならゆっくり湯船につかりたくなる。

110705_23

洗面台もお洒落。アメニティも素晴らしいの一言。

110705_24

浜松市内の夜景。
部屋の快適さから見晴らしに至るまで最高のホテル。
オークラに負けてるのは高さくらい?

ダイワロイネットホテル浜松
静岡県浜松市中区旭町9-1
053-455-8855
http://www.daiwaroynet.jp/

浜松の夜

110705_12

浜松の夜、今夜のホテルは期待が大きい。

イトーヨーカドー

110705_11

閉鎖した「イトーヨーカドー」の6階のみを使用した「センチュリーイン浜松」。
有効利用される見込みはないらしい。

チェックアウト

110705_10

快適な部屋と品粗な朝食。
また泊まることはあるかなぁ…。

驚愕の朝食タイム

110705_02

6時30分からの朝食タイム、ロビーに一番乗り。
夜とは全然雰囲気が違う。

110705_03

まだ誰も朝食には訪れてない。
朝食スペースとしては少し狭い。

110705_04

「軽食」という文字通りの朝食は驚くべきもの。
ここまで品粗な朝食は初めて。口コミ通り。

110705_05

これがメインディッシュ?見せ方も不味そう。
しかもこれだけ?何人分を想定してるのだろう。

110705_06

炊き込みご飯と一品、パンとスクランブルエッグらしきもの、サラダで終わり。

110705_07

これはどう見ても1人前。全部食べてもいいのかな。

110705_08

文句言いながらもプレートに盛る。これで全種類。
味は想像通りとでも言ったら伝わるかな。
唯一、デニッシュだけはおいしかったのが救い。
どこで購入してるのだろう。

110705_09

あまりに品粗な朝食でも40分間かけて堪能した。
その間に朝食へ訪れた方は1名。満室なのに朝食に訪れるのが1名なんて…。
この朝食なら当然か…。でも、空いてる朝食タイムとおいしいデニッシュは許せる。

見晴らしもいい。

センチュリーイン浜松の朝

110705_01

心地よい目覚め。
窓からは緑に覆われた中庭が見える。
平面を利用した少し変わったつくり。
街中にあっても緑が見えるのは嬉しい。

『ホテル センチュリーイン浜松』

110704_14_2

『ホテル センチュリーイン浜松』へやってきた。
今夜はここにお泊まり。

110704_15_2

旧イトーヨーカ堂の6階にあるホテルで開業からまだ2年と新しい。

110704_16_2

1フロアに平面的に部屋が並ぶ。この造りは斬新。
今時扉のセキュリティは鍵式。古さを感じます。
鉄道マニアにウケがよくて、浜松駅を通過する電車を必死に撮ってる?

110704_17

全く期待してなかったけど部屋は綺麗で広く、ベッドも広くてとても快適なつくり。

110704_18

ユニットバスも清潔感があっていい。
たまにはゆっくり眠りたい。

ホテル センチュリーイン浜松
静岡県浜松市中区鍛冶町1-2 かじ町プラザ 6F
053-455-0118
http://www.hotelcentury-inn.jp/

『味の匠 山田』

110704_101

『味の匠 山田』へやってきた。
純日本料理の粋なお店。

110704_10_2

つきだしからその気配が伺える。

110704_11

お造りの盛り合わせは、マグロの身がとても厚くてぷりぷり、他にハマチと…。
何かわからなかったけどおいしかった。

110704_12_2

車海老の塩焼き。これが意外に旨かった。
もう一度ゆっくりと落ち着いて来店したいお店。
お酒の種類も多い。

味の匠 山田
静岡県浜松市中区千歳町118
053-455-7775
16:00-23:00(日曜休み)

マニュアル

110704_09_2

タクシーに乗ったら珍しくマニュアル車。
無造作な運転でも、変速ショックをほとんど感じない。
さすがプロ、車はマニュアルで乗りたい。

浜松

110704_08_2

京都からひかりで1時間30分、浜松へやってきた。
京都と違っていいお天気。今日も暑くなりそう。

始発のひかり

110704_05_2

6時34分、始発のひかりがホームに入ってきた。

110704_06_2

座ってるのは1人のみ。ガラガラの快適な旅。

110704_07_2

あっという間にトンネルを越えて山科へ。
どんよりとした曇り空。
さすが雨男。

伊勢丹の朝

110704_04_2

伊勢丹ももちろんまだ準備中。
24時間営業の京都中央郵便局のATMは、日曜日20時で取り扱い終了、月曜日は7時から。
どこが24時間営業?7時からというのは遅すぎる。

ポルタの朝

110704_03

早朝の「京都駅前地下街ポルタ」は誰も歩いてない。
この雰囲気が好き。

旅立ち

110704_02

早朝の京都駅へやってきた。
これからまた旅立ちます。

ナダル vs ジョコビッチ

110704_01

全英オープンテニス 2011 男子シングルス決勝、ナダル vs ジョコビッチ戦は、4-6、1-6、のジョコビッチリードで第3セットを迎えた。
ナダルが2セットダウンというまさかの展開。でも、今シーズンのジョコビッチはナダルに 4連勝してることが気持ちを優位にさせてる。
このままジョコビッチがウィンブルドン初制覇か?ゲーム毎に沸く歓声が止まらない。

マツヤスーパー

110704_16

『マツヤスーパー』へやってきた。本日はレタスとパン、玉子、低脂肪乳が安い。
毎週買う食品がほとんど決まってる。学生時代からの行きつけスーパー。
大津美崎店は「ミキ」の跡地。

マツヤスーパー 大津美崎店
大津市美崎町5-1
077-531-0006
9:30-23:00(年中無休)
http://www.matsuyasuper.co.jp/

業務スーパー

110704_15

ここまで来たら業務スーパーに寄る。落花生 200gが \78-とかなり安いけど、高い物もある。
必ず買うのは黒ごま。ごまは身体にいい。白髪も消える。

ポツポツと雨が落ちてきた。さすが雨男。

業務スーパー 深草店
京都市伏見区深草出羽屋敷町23-9
075-641-6655
9:00-21:00(年中無休)
http://www.kobebussan.co.jp/

仮橋

110704_14

油小路通が鴨川を越えて新堀川通へと通じる橋が架かる前、車の往来が途絶えなかった仮橋。
今となっては車は1台も通らない。完全に歩車分離されて格好の散歩コースになった。

モーターフェスティバル 2011

110704_13

渋滞の原因は、「パルスプラザ」で開催されてる『モーターフェスティバル 2011』だった。
トヨタのパブリカからカローラ、2000GTまで旧車が勢揃い。
展示台数60台と決して多くはないけど、車好きにはたまらない。

「トヨタカローラ京都」主催の無料イベント。

大渋滞発生中

110704_12

赤池から新堀まで伸びる渋滞。この原因は何?

とんぼと自転車

110704_09

PEUGEOT に戻ってくると熱い視線を感じた。誰?
鴨川沿いの砂利道を疾走したせいでタイヤが砂埃で真っ白。洗車しないとなぁ。

110704_10

熱い視線はとんぼさん。
とんぼを見かけたのなんて何年ぶりだろう。
「蜻蛉」って書ける?

『カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼』

110704_04

『カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼』へやってきた。
雑誌にも紹介され、現在注目を集めてるお店。

110704_05

食券制というのはいただけない。しかも、たくさんのお客さんで店内はごったがえしてた。
それなのに券売機の前でたむろするオバタリアンと子どもたち。
しんきくさいなぁ…。さっさと購入してどいてくれる?
ほんまに子どもは鬱陶しい。マザコンか。

110704_06

カルビ丼の並が \500-、色々なトッピングのスン豆腐が \550-。これは安いのか?
ごはん400gの「超大盛」が\150-プラスの\650-。400gって2合強か…、どこが超大盛?
ふたつくらいペロッと食べれそう。

110704_07

10分以上待たされて「ホルモンスン豆腐」が運ばれてきた。
石鍋で熱せられてアツアツ、スープが勢いよく沸騰してる。
味の方は…、可もなく不可もなく。決しておいしいものではない。

110704_08

そして念願のカルビ丼。濃い味付けに強めのにんにくで独特の味を醸し出してた。
これは薄味が好きな京都人に受けるかなぁ…。
木屋町通にも進出してるそうだけど、早く潰れないことを祈るばかり。

「焼肉やる気」グループらしい。「やる気」は京都のお店だけど、入ったことはない。

韓丼 新堀川本店
京都市伏見区竹田藁屋町56
11:00-24:00(年中無休)
http://ameblo.jp/kandonyaruki/

京都に高速はいりまへん

110703_03

新堀の頭上には阪神高速8号京都線が走る。
京都の街に高速はいらないと散々言われ続けてきたが、結局利便性が上回った。
この高さ、建築規制には引っかかってないのかなぁ。

110703_04

久世橋通に沿ってカーブする8号京都線。地震で簡単に倒壊しそうなほど頼りない橋脚。

抜け道

110703_02

国道1号を北上する抜け道としてかなり交通量が多かった南区西九条の近鉄電車沿い。
近鉄電車が高架化され、十条通りを横切ることができなくなったため抜ける車はゼロに近くなった。
新堀が貫通したことも理由のひとつ。住宅街を疾走する車が減って付近の住民は嬉しいに違いない。

テニス日和

110703_01

日射しのない曇り空、絶好のテニス日和。
曇り空こそ殺人光線の紫外線に注意。
今日はよく焼けたなぁ。
吹き出すように流れる汗が気持ちいい。

アナログ放送終了

110702_15

7月に入ったら WOWOW のアナログ放送が受信できなくなってた。
あれ?デコーダー繋いでるのにどうしてなんだろう。放送終了は7月24日のはず。
もしかして、デジタル放送に契約変更したから?

やられた…。

デジタル 3波チューナーも結局届かず WOWOW にしてやられた気分。
2台目のデコーダー、お疲れさまでした。

デジタル WOWOW はコピー不可、魅力半減どころか魅力全くなし。

WOWOW
http://www.wowow.co.jp/

マクド満席

110702_14

小籠包を食べそびれて、マクド烏丸五条店へやってきた。
DQPをがっつり食べようと思ったら、2階席はびっしり満席。
暇な学生たちが涼みに来てる様子。炭酸ドリンク \100-で6時間コース?

あきらめた。

ここも 24時間営業とうたいながらも夜は追い出される似非 24時間営業店。
マクドの誇大広告は改善すべき。

マクドナルド 烏丸五条店
京都市下京区五条通烏丸東入ル松屋町411
075-353-2225
24時間営業(年中無休)
http://www.mcdonalds.co.jp/

『上海生煎館』、閉店

110702_13

新京極通三条下ル西側、「MOVIX 京都」前にある『上海生煎館』へやってきた。
毎月第1土曜日は30分食べ放題 \500-(男性)の日。
12時からオープンということで夕方前に足を運ぶ。

あれれ、お店なくなってる…。

先月号の『Leaf』でも見開きの大きな広告が出てたばっかりだったのに。
確かに、北隣の「金のとりから」はいつも長い行列ができてたけど、ここはほとんど人が入ってなかった。
こだわりの小籠包はたいしておいしくなかったということか?
一度食べておきたかっただけに残念。やっぱり先月入っておくべきだった…。

半年持たないという短さは異常。HPからもあっさり消えてた。
現在、渋谷本店の他3店舗のみ営業。

上海生煎館(シャンハイシェンチェンカン)
http://shengjian.jp/

交通量調査

110702_12

京都の路地に座る交通量調査員。
五条から三条までいたるところの交差点にいた。
孤独との戦い、一度してみたかったバイト。

四条通の歩道拡幅計画に伴う京都市の調査という。
こんなところを走る車は他県ナンバーばかり。
早く歩行者天国にしたらいいのに。

INFOBAR A01

110702_09

献血の帰り、「auショップ 烏丸七条」へやってきた。

110702_10

『INFOBAR A01』のモックアップが置いてあった。
INFOBARシリーズの3代目、今回初めて「NISHIKIGOI」を選ぼうかな。
それにしても大きいなぁ。幅広すぎてポケットに入らず。
『INFOBAR 2』の2倍くらいありそう。

110702_11

実物を見るために、「auショップ 四条寺町」へやってきた。
26万色表示のディスプレイはASV液晶で輝度が高くて見やすい。
INFOBARシリーズ初めてのスマートフォンは、ついにSANYO製からSHARP製になった。
メーカーが変わって使いにくくなってないといいな。
iida シリーズ独特の「iida UI」の使い勝手も気になるところ。

唯一予約受付中の店舗で au 買うなら一番安いお店だけど、機種変更で \33,450-もするのは手が出ない。
もう少し落ち着いてから買うことにしよう。 au IC カードはどこに入れるのかなぁ。バッテリーも見えず。
もしかして、裏蓋がパカッと開いたりして。

新京極通三条西南角にある「auショップ 三条」にも寄ってみたけど、受付してなかった。

「発売」とはどういう意味?

au
http://www.au.kddi.com/

夏の献血

110702_02

『献血ルーム京都駅前』へやってきた。
本日の血液確保量は120%と十分。
夏は献血協力者が激減する。
それでも冬に比べたらまだマシ。

110702_03

がらがらのルーム。四条ルームの混雑具合からは想像もできないほど。
でも、3月11日の震災直後は人があふれるほどの混雑だった。

110702_04

最近、立て続けに血小板を摂られてて、年間の制限回数いっぱいになってた。
当分は血漿献血になりそう。血小板、白血球、赤血球濃度、総蛋白はいつも不足気味。

馴染みの看護師さんから声をかけられた。

あれ~、すっきりされましたね~

- はい

文学青年からスポーツ青年へとガラッと印象が変わりましたね~

- ありがとうございます。青年ではなく中年ですけど…。

110702_05

220回目の献血。1年前に200回で表彰されてるから1年で20回のペース。
血小板献血で年間24回ペースから乱れてしまった。

110702_06

夏の風物詩、アイスクリームのサービス。
今年の夏は節電でアイスクリームメーカーは大増産してるという。

110702_07

『an an』の「村上ラジヲ」は、ウィーンにある「シェーンブルン動物園のライオン」での話について。
ガラス1枚越しにライオンとにらめっこするなんて村上春樹ならでは。

110702_08

6月30日に発売されたスマートフォン、「INFOBAR A01」の記事があった。綺麗な手…。

献血ルーム京都駅前
京都市下京区烏丸通七条下ル 京阪京都ビル6F
0120-569-356
10:00-17:45(不定休)
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

No.1 ジョコビッチ

110702_01

全英オープンテニス 2011 男子シングルス準決勝、ジョコビッチ vs ツォンガ戦は、接戦の末ジョコビッチが 3-1 で勝利を飾った。
第3セットのタイブレークは 9-11 の接戦でツォンガが巻き返した。
観客を楽しませるエンターテイナーな2人、今大会で一番盛り上がったゲーム。

これでジョコビッチがナダルを抜いて世界ランキング1位に躍り出た。
初めての1位、新たな時代がやってきたか?

WIMBLEDON 2011
http://www.wimbledon.com/

時間差

110701_06

赤い車両がトレードカラーの遠州鉄道。
中途半端な時間帯で電車はガラガラ。
快適な電車通勤。

コンフォートホテルの朝食

110701_01

6時30分からの朝食。5分前に1階へ降りたらすでに6人も朝食を摂ってた。
見渡すと爺様ばかり、さすがに朝早い。

110701_02

え゛っ。

言葉を失うような朝食バイキング。
HPに載ってる朝食があまりにおいしそうだったのでその差に落胆を隠せない。

110701_03

お稲荷さんと3種類のおにぎりがあるのは嬉しい。
そして、「焼きたてパン」と称する冷蔵庫から出したての冷たいパン。
種類は6種類、冷たくてもおいしいパンは、温めて出しておいたら絶品だと思う。

110701_04

朝食に牛乳とヨーグルトは欠かせない。
パンとごはんを楽しめるのは嬉しい。

温かいものが何もない…。

110701_05

副菜は枝豆サラダにジャーマンポテト、ソーセージ。
パンがおいしくて20個ほど食べて満腹。
トースターで温めるとなおよし。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »